中国市場戦略研究所

China Market Research & Consulting Co.,Ltd.

中国市場戦略研究所は、中国市場に関心があり、中国展開を検討している企業様や、中国調査を通じて、効果的な中国広告、中国マーケティング等を実施したいとお考えの企業様が、あれこれと相談できる、中国コンサルティングのパートナーです。
ホ一ム > メールマガジン

中国人に売り込む最新ツール「微信」の活用術【連載最終回】

2014-11-26

 

■専門チームを作って対応しよう!

されどうすれば、拡散率の高い微信を作れるのでしょうか?
一番肝心なのは、専門チームを作り、みんなが読みたい、
そして読んだ後に他の人にも転送したい内容を作ることです。
タイトルから挿絵や画像、そして内容、、、、、
すべてを練りに練った上で発信しなければいけません。
内容をきちんと制作しないで発信するならしないほうがましです。
なぜなら、陳腐でありきたりの情報ばかりアップしているうち、
フォロワーが読んでくれなくなり離れていくからです。

さらに、微信は一方的な情報配信だけでもだめです。
フォロワー、つまり読者との双方向的なコミュニケーションも
しなければなりません。
これは簡単ではありません。
企業の微信が「微博」と最も異なる点は、IDが非公開で
あることです。
IDが非公開であるとは、自社の微信フォロワーの
ニックネームは見られても、問い合わせがなければ、その人と
1対1の「会話(チャット)」ができないことを意味します。
ならば、どうすれば自社のフォロワーと対話できるでしょうか?
答えは、グループチャットを使うことです。

微信運営チームメンバーの誰かが個人名義でグループチャットを
立ち上げ、フォロワーをグループチャットに誘えば、
フォロワーとの会話が実現できます。
そのグループチャットを活用して、双方向型のコミュニケーション
ができるようになります。
また、メンバーの発言を通じて消費者のライフスタイルを
探ることもできます。

弊社はこうしたグループチャットを消費者調査の手法としても
活用しています。
スピーディーに消費者の本音を探ることができるので
とても効率が良いです。

■タイミングをきちんとはかって計って発信しよう!

微信の投稿、つまり情報更新時間もとても重要です。
昼休みの時間帯に読ませたい記事なら、できるだけ
12時に投稿すること。
早すぎても遅すぎてもダメです。
更新が早すぎると、その後に次々と更新される微信に
埋もれてしまい読まれなくなります。
逆に遅すぎると、昼休みが終わって仕事や授業が始まるため、
読まれなくなります。

退勤後の帰り道に読ませたい文章であれば、
15時や18時に投稿すること。
自宅や寝る前に読んでもらいたい情報なら、
22時前後にアップすべきです。
そして毎日の更新時間もなるべく変えず、
決まった時間に必ず更新することが重要です。
そうすると、条件反射のように、フォロワーが
毎日読んでくれるわけです。
企業の微信は一日一回しか更新できないだけに、
発信時間はとても重要です。

■スマホ一台で、中国で多くのファンを作る

優れた微信を作ることができれば、
自然にフォロワーが集まり、リツイートされる回数も増え、
次第に拡散率が高まり、ファンを増やすことができます。

スマホ一台で、中国で爆発的にファンを作るのも
決して夢物語ではありません。
ただし発信内容の吟味、フォロワーとの交流、
更新時間の計り方、そして今回は紙幅の関係でまだ十分に
話せなかった色々な工夫が必要です。

中国は変化が速いので、
私たちもそのために日々研鑽しております。
中国では、今、微信は消費者に最も身近で手軽に情報を
伝える手段です。
中国人に売り込みたいなら、まず微信を立ち上げましょう。
ぜひお力になれればと思います。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

(中国市場戦略研究所上海オフィス・王健)

株式会社中国市場戰略研究所
上海伝沐商務諮詢有限公司
上海伝慕商貿有限公司
上海伝目広告有限公司
東京本社
Tel:03-5651-8106(8107)
Fax:03-5651-8107
E-mail:info@cm-rc.com
〒103‐0005
東京都中央区日本橋久松町11番6号日本橋TSビル3階
上海現地会社
Tel:86-21-6082-5523(代表) 
Fax:86-21-6082-5524
E-mail:info@cm-rc.com
〒200062
上海市中山北路3553号伸大厦24階(受付)
COPYRIGHT(C)2009 CHINA MARKET RESEARCH & CONSULTING CO.,LTD ALLRIGHTS RESERVED.