中国市場戦略研究所

China Market Research & Consulting Co.,Ltd.

中国市場戦略研究所は、中国市場に関心があり、中国展開を検討している企業様や、中国調査を通じて、効果的な中国広告、中国マーケティング等を実施したいとお考えの企業様が、あれこれと相談できる、中国コンサルティングのパートナーです。
ホ一ム > メールマガジン

中国人に売り込む最新ツール「微信」の活用術【連載1/3】

2014-10-28
■中国人に売り込みたいなら、まず微信!

ほとんどの日本人が今、Lineを使っていますが、
それと同じように、今、中国人の間で一番流行っているものがあります。
さて、それはどんなものかご存知でしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その名は「微信」(ウェーシン、We Chat)です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Lineと同じく、主にスマホで使うチャットアプリです。
今年(2014年)6月末までに、微信の月間アクティブ
ユーザー数は 4億人に達しました。
登録者数はおよそ6億人超といわれています。
ほとんどの中国人は、今、この微信を使って、
情報を見たり、友人・知人とコミュニケーションを
取ったりしています。

微信が現れるまでは、中国では「微博」(ウェーボー)が
一番流行っていました。
「微博」とは、ミニブログのことで、フェースブックの中国版の
ようなものです。
スマホが中国で普及するにつれて、いつでもどこでも気軽に
チャットができる微信が微博を超えたようです。

そうなれば、中国で、「微信」を使って消費者に情報発信をする
企業が増えてくるのも当然のことです。
ユニクロなど、中国で商売が上手くいっている日本企業も、
「微信」を活用して、新規顧客を増やしたり、お店に誘導したり、
直接スマホ上で商品を販売したりしています。

今は、日本国内の企業や商業施設も、「微信」を使って
中国人の訪日観光客にアピールしたり、日本国内の商品を
買ってもらったりする時代になってきています。

■中国人は今、一時一刻も「微信」から離れられない!

先日、「微信」にごく短時間の通信障害が発生しただけで、
中国で大騒ぎになりました。
訪日旅行にくる中国人も、日本でも「微信」が使えるように、
手軽な料金でWifiルーターを借りて、常に持ち歩くように
しているほどです。
弊社はすでに何社かの日本企業の依頼を受けて、
それらの会社の中国語オフィシャル「微信」の管理・運営を
やっています。
「微信」を立ち上げてから、顧客やファンが増えたり
売上が上がったりした企業もあります。

この記事は3回連載です。次号以降は、2回ほど
「微信」を運営しながら学んだ色々なことを皆さんと
シェアしたいと思います。ぜひ次号もお読みください。
(次号に続く)(中国市場戦略研究所上海オフィス・王健)

株式会社中国市場戰略研究所
上海伝沐商務諮詢有限公司
上海伝慕商貿有限公司
上海伝目広告有限公司
東京本社
Tel:03-5651-8106(8107)
Fax:03-5651-8107
E-mail:info@cm-rc.com
〒103‐0005
東京都中央区日本橋久松町11番6号日本橋TSビル3階
上海現地会社
Tel:86-21-6082-5523(代表) 
Fax:86-21-6082-5524
E-mail:info@cm-rc.com
〒200062
上海市中山北路3553号伸大厦24階(受付)
COPYRIGHT(C)2009 CHINA MARKET RESEARCH & CONSULTING CO.,LTD ALLRIGHTS RESERVED.